仮想通貨とは?

インターネット上でやり取りできるデジタル通貨の一種で、

円やドルなどのいわゆる法定通貨や電子マネーと同じ「お金」です。


ただ円やドルは、それぞれの国の中央銀行が価値を保証し貨幣として発行していますが、

仮想通貨の発行には、そのような特定の国や金融機関が関わっていません。

代わりに、ブロックチェーンと呼ばれる技術が用いられ「分散台帳」により、

すべての取引情報を記録することで、改ざんが行えない仕組みになっており、

管理主体が存在しなくても、通貨としての信用が保たれています。


仮想通貨と言えば代表各のビットコインが有名ですが、現在仮想通貨は世界中に

2000種類以上あり、アルトコイトと呼ばれています。

現在国内仮想通貨取引所で取引できるコインはビットコイン以外に

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、

ライトコイン(LTC)、ネム(NEM)、モナコイン(MONA)など数種類あります。

仮想通貨のメリット

個人間で直接送金が可能

通常の送金は金融機関を通すことに対し、仮想通貨は直接インターネットから送金することが

できるため、手数料が格安で、国際送金も可能。しかも数分でスピード送金。

24時間365日取引が可能

金融機関の時間以外は取引できないのに対して24時間365日、いつでも送金でき、

急ぎの送金など国内、海外問わず、煩わしい手続きや制限もなく取引可能。

いつでも取引できる

株式などの取引は基本的に平日昼間だけに対し、仮想通貨の取引は、24時間365日、

休むことなく取引ができます。夜間や週末など、自分に合った時間帯に取引可能です。

資産として保有し将来性がある

仮想通貨はまだまだ一般に普及しているとはいえませんが、投資対象として数々のメリットを

持ち、資産として所有することで、非常に高い将来性があります。

仮想通貨のデメリット

価格変動率が高い

仮想通貨を投資対象として見た場合、価格の変動が激しく、変動幅が大きくなりがちで、

ハイリスクハイリターンなため投機性が高いという側面があります。

ハッキングの可能性

取引所の破たんや多額のハッキング被害など、盗難の可能性もあり、

ウォレット保管においてのパスワード紛失などのリスクもあります。

実用性に欠ける

現時点では店舗などの導入は多くなく、一部の店舗のみで、

コンビニ、スーパーなど幅広く普及するまでやや時間を要するかも知れません。


仮想通貨投資と未来

「仮想通貨で億り人」と呼ばれるバブルと言われるブームがあったように

トレーディグで稼ぐには「安い時に買い、高い時に売る」手法で、保有する機関も、

短期、中期、長期に分かれ、それこそ数秒、数分単位で売買を繰り返すスキャルピングで

利益を狙う手法もあります。


株やFXよりも値動きが激しく、時には1日に数万~数十万円単位で動くことさえあります。

ただ仮想通貨の将来性を考えた場合、安い時に買っておき、長期保有で資産を

何倍、何十倍に増やせる可能性があります。



仮想通貨を簡単に言うと「お金の瞬間移動」で、誰でも手軽に利用できる通貨です。

しかも世界共通なので、例えば海外旅行先でも、現地の通貨に両替することも、がさばる紙幣、

コインを持ち歩くことなく、スマホでスマートに支払いを済ますことも可能になります。


送金に至っては世界中に数分で送金され手数料も格安です。

これまで着金に数日かかり、手数料も数千円と高く、出稼ぎ外国人の本国送金は

早い、安い、と非常にメリットがあります。


北欧ではすでにキャシュレス化が進んでおり、日本の三大メガバンクも独自の仮想通貨の発行を

決めるなど、この風潮はやがて世界に広まっていくでしょう。


携帯電話やパソコンが普及したように仮想通貨もこれから普及期に入ります。

なぜなら、人類は不便を便利に変え、一度便利なものを手に入れると、

それを手放すことはなく、さらに進化し続けるからです。