最短、最速で全力で徹底的に集中!!

一つの目標に短い時間で全力を注ぎ込み徹底的に集中することにより成果を出す事ができます。

なぜなら、人は長い期間、集中できず、途中で挫折してしまうからです。

短期間に集中するからこそ、人はモチベーションを高く保つことができ、さらに目標の中に

センターピンを設定することにより、人より先に最短、最速で目標達成できるのです。


そして成果を出す人は決して群れることはありません。

「自分と向き合う時間が持てる」点から戦略を立て、新しいものを生み出すことが可能ですが、

周囲にいつも他人がいると、影響を受けたり邪魔されたり意識が散漫になり

自分の軸が定まりません。


「自分の強みを磨き、戦略を練る」そのためには高い集中力と誰にも邪魔されない自分だけの

時間が絶対に必要です。自分で調べ、自分で決断し、自分で実行することで

他人に頼らない環境に身を置くことで強い自立心が生まれ、あらゆる物事のスピードが

速くなり、最短最速で成し遂げることができるのです。

種を蒔き続ける重要性

成果を出す人は、失敗を恐れず、種を蒔き続けるタイプです。

種を蒔かないと何も生むことはできないからです。

成果を出せない人は恐怖心に負けて、そもそも種を蒔かなかった、か

種を蒔いてみたけど途中で蒔き続けるのをやめてしまった人です。

例え失敗したとしても諦めず、種を蒔き続けることです。


すべての種から花は咲かなくても、例え途中で枯れても、経験、体験、成長が残り

いずれ自分の財産として活かす時が必ず来ます。

ですので、成果を出すには諦めず、種を蒔き続けることが重要なポイントです。


また「チャンス」と捉えた時には「加速する力」つまりアクセルを踏み込み加速するように、

ここぞというときに一気に攻めに転じられるよう常に準備する必要があります。

なぜなら、常に準備してないと「チャンス!」と気付く前に過ぎ去ってしまうからです。


そして先の時代を読む力を養うことです。

常に10年先を見据えて10年前倒しで進めることで見えないものが見えてきます。

今だけを考えるのではなく、来たるべき10年先を見据えることです。





成功というのは長く長期的に繁栄することを指し長く続く飛行を成功に導く必要があります。

そのためには初期の離陸は最短最速で集中して軌道に乗せる必要があるのです。


10年後を想像しながら先手を打って、その10年先を目指して今から着手していくことが重要です。




時は常に進んでおり、現状維持は退歩なのです。