お金を稼ぐ「学び方」

何事に取り組むにしても「学ぶ」ということは必要不可欠です。

「お金の仕組み」について学ぶときも、その道のプロ、超一流から学ぶことです。


例えば、あなたが独立を考えており、誰かに相談する時、両親、配偶者、友達、恋人など、

身近な人になるかと思いますが、まず、100%反対されるでしょう!

なぜなら、起業したことのない人に起業のことが分かるわけがないからです。

ましてや、起業を志そうとしている人の才能を見抜く目なんてあるわけがないのです。


ダイエットをしようと思った時、体重が100キロ以上あるデブに

「ダイエットのことで相談したい」と持ちかけるでしょうか?


なにかを学ぶ場合、「結果を出している人から学ぶ」というのが当たり前で大原則です。

その道のプロや超一流から学ぶことです。そして素直に聞いて、

まず、真似ることから始めます。学ぶとは「受け入れる」ということで、素直に

それをそのまま実行することで、確実に「学び」を「成果」に変えることができます。

お金を稼ぐ「環境」



お金を稼ぐには「環境」がことのほか重要で、「稼げる環境」に変えることです。


身近な友人全員から反対されると、よほど強い意志がない限り、人は流されてしまうもの。

同じ層の人は全員が同じように考えて、同じように行動するのです。ですので、

あなたの身の回りにいる友人を切らなければならない時もあります。


自分自身が成長すれば、周囲にいる人たちは変わるのが当然です。

あなたが実現したいことを先に実現している人は、その方法を知っており、

そのために必要なリソースもすでに持っているということです。

つまり、その人と友達になれば一気に現実に近づくのです。


例えば自分が到達したいレベルの人たちのコミュニティに入るのも一つの手であり、

時間とお金と労力を先行投資することで、自分が入りたいコミュニティの一員になれ、

とにかく、相手が喜ぶことを自分からギブする。これが基本です。


このように自分からお金を稼げる「環境」作りに身を置くことで

「環境」を変えることは可能なのです。

お金を稼ぐ「思考」



お金を稼ぐ方法は大きく分けて「ビジネス」と「投資」しかありません。

順番としては、まずビジネスをやってお金を作り、そこで得た資金を元手に投資を始めると

いうのが王道です。そして徐々にビジネスと投資を両輪で回していき、次第に投資による

不労所得でお金の心配がまったくない状態を作っていうのが典型的な型になります。


「ビジネス」とは何かを売ってお金をもらうことになるので「何を売るか?」になります。

お金をたくさん稼ぎたいのであれば、無限のもの、言い換えると、複製可能なものを売らなけれ

ばなりません。例えばセミナー動画をDVDにすれば何枚でも複製して販売可能です。

電子コンテンツは複製可能なうえ、リスクが少ないという点で、「何かを売ってお金をもらう」

ための「何か」として非常に優れた商品になりえます。

他にも「人脈」「情報」「ノウハウ」「環境」「人材」を売るなど、

在庫リスクのない複製可能商品はいくらでもあります。


そしてたくさんの収入の柱を立てることです。大黒柱一本で大丈夫という時代は

完全に終わりました。

たくさんの収入の柱を立てるのが、今の時代における最大のリスクヘッジです。

仮に収入の柱を10本立てて、1本の柱から4万円の利益を出すことができたら月収40万円です。

その半分の2万円でも月収20万円になります。

1本の柱だけを太くするのは限界があるので、細くてもよいのでたくさんの柱を立てることです。

収入の柱をたくさん立てることを意識すると、生活すべてがマーケティングの素材に変わります。

これは売れるかな?

この人に何を売ったら喜んでもらえるだろう?

もっと高い値段で売るにはどうすればいいだろう?

このキャッチコピーをもっと効果的なものに変えるとしたら? など常に考えることで、

脳が完全にマーケティング思考になっている状態で、毎日やっていくうちに習慣になり、

無意識にマーケティング思考で考えるようになり、新しい収入の柱を立てるアイデアや、

既存の柱をもっと太くするアイデアが次々と浮かんでくる思考脳に変わるわけです。


続きはこちらネットビジネス お金を稼ぐ脳の作り方 ②