「ネットビジネス応用編」の記事一覧

ビジネスにも活かせる 寓話からの教訓

ネットビジネス応用編

二人の商人、靴のセールスマン、倒れるまで、カエルの登山、の4話。 二人の商人が別々に峠道を登っていた。焼けつくような暑さの中、重い商品を山ほど背負って 険しい坂を登っていくのは、本当に苦しいことだった。 途中、木陰に荷物を下ろして休んでいると、一人の商人が汗を拭きながら嘆いた。

ビジネスにも活かせる ジャックと豆の木の 教訓

ネットビジネス応用編

昔あるところにジャックという少年とそのお母さんが住んでいました。 お父さんはジャックが小さい頃に、雲の上からやって来た大男に食べられてしまったのです。 親子はとても貧しく、ミルクを出さなくなった牝牛を市場でお金と替えてくるよう お母さに頼まれ、ジャックは牛を引きながら市場へ向かいます。途中で一人のおじさんが、

ビジネスにも活かせる みにくいアヒルの子の教訓

ネットビジネス応用編

アヒルが巣の中で卵をあたためていました。 やがて卵がひとつずつ割れ、黄色くて小さなヒナたちが生まれましたが、 最後の卵からは灰色の体が大きくて、みにくいヒナが生まれてきました。 アヒルの親は、七面鳥のヒナかもしれないと考えるも、ヒナたちと一緒に育てました。

ビジネスにも活かせる うさぎとかめの教訓

ネットビジネス応用編

子供の頃、一度は見聞きした日本人なら誰でも知っている代表的な単純な童話ですが、 そこにはビジネスで活かす大きなポイントが隠されています。 イソップ童話で世界中で有名なうさぎとかめですが大人になった今、 もう一度ひも解いてみましょう。ウサギに歩みの遅さをバカにされたカメは、 山のふもとまでかけっこの勝負を挑みます。

ビジネスにも活かせる 三人のレンガ積み職人の教訓

ネットビジネス応用編

イソップ童話から三人のレンガ作り職人の話、ある旅人が三人のレンガ職人に 同じ質問をしますが、三人の返ってきた答えとは? 世界中を回っている旅人が,ある町はずれの1本道を歩いていると,1人の男が道の脇で難しそうな顔をしてレンガを積んでいました。 旅人は,その男のそばに立ち止まってたずねました。

ビジネスにも活かせるしあわせハンス の教訓

ネットビジネス応用編

ドイツのグリム童話では、「わらしべ長者」と正反対の物語「しあわせハンス」が 存在し興味があったので、あらすじを簡単に書いてみました。 働き者のハンスは、7年もの間、出稼ぎに出てせっせっと働きました。 ある日ハンスは故郷の母親のもとに帰りたくなり、主人から労働の賃金として金の塊を もらいました。

ビジネスにも活かせる わらしべ長者 の教訓

ネットビジネス応用編

日本に古くから伝わる物語を通してビジネスポイントなど様々なビジネスの教訓を学べます。 まず観音様のお告げを素直に信じ、最初に手にした、わらしべを大切にしたことです。 古来から物々交換の習慣があり、もし、ここで若者はただの価値の無い わらしべかと言って切って捨ててしまってはその後の展開はありません。

ページの先頭へ