三人のレンガ積み職人のあらすじ

イソップ童話から三人のレンガ積み職人の話、ある旅人が三人のレンガ職人に
同じ質問をしますが、三人の返ってきた答えとは?


世界中を回っている旅人が,ある町はずれの1本道を歩いていると1人の男が道の脇で難しそうな顔をしてレンガを積んでいました。

旅人はその男のそばに立ち止まってたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」

すると男はこう答えました。
「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。毎日毎日,雨の日も強い風の日も,

暑い日も寒い日も1日中レンガ積みだ。なんでオレはこんなことをしなければならないのか,

まったくついてない」

旅人はその男に「大変ですね」と慰めの言葉を残して歩き続けました。


しばらく行くと一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会いました。
しかしその男は先ほどの男ほどつらそうには見えませんでした。

そこでまた旅人はたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」

すると男はこう答えました。
「オレはね,ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事でね」

旅人は「それは大変ですね」と,いたわりの言葉をかけました。
すると意外な言葉が返ってきました。

「なんてことはないよ。この仕事でオレは家族を養ってるんだ。この仕事があるから家族全員が食べていけるのだから,大変だなんて言ったらバチが当たるよ」

旅人は,その男に励ましの言葉を残して歩き続けました。


さらにもう少し歩くと,別の男がいきいきと楽しそうにレンガを積んでいました。

旅人は興味深くたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」

すると男は目を輝かせてこう答えました。
「ああ,オレたちのことかい?オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」

旅人は「それは大変ですね」と,いたわりの言葉をかけました。
すると男は楽しそうにこう返してきました。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け,悲しみを払うんだ!素晴らしいだろう!」

旅人は,その男にお礼の言葉を残して,元気いっぱいに歩き始めました。

(引用元イソップ童話)


三人のレンガ積み職人から学べる教訓

登場した3人のレンガ積み職人が行っていることは全く同じですが、

目的にフォーカスすると

1人目の男は「レンガ積みに決まっているだろ」「まったくついてない」→特に目的なし

2人目の男は「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける」→生活費を稼ぐのが目的

3人目の男は「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている」→後世に残る事業に加わり、世の中に

貢献することが目的 とそれぞれの目的の違いが分かります。


同じ仕事でも「目的」をどこに設定するかによりその仕事に対する考え方、

意気込み、情熱が変わります。

現代社会においても、全く同じ仕事をしていても差が開くのは、

高い目的意識を持って仕事に取り組んでいるかの違いです。

毎日、イキイキと目的を持って仕事に取り組んでる人、

ただなんとなく、流れのように目的も持たず仕事をしている人、

1人目の男に近い「働かされている」感覚を持って働いている人もいるでしょう。

また2人目の生活費を稼ぐための目的で働いている人も多いのではないでしょうか?

3人目の男のように、高い目的意識を持ち、モチベーションを高めることが

同じ仕事であっても大きな差が生じることを次の続編からわかります。


実はこの話には続きがあるそうで、10年後、1人目は相変わらず文句を言いながら

レンガを積んでおり、2人目は賃金は高いけど、危険の伴なう屋根の上で仕事をしてました。

そして3人目は現場監督として多くの職人を育て、出来上がった大聖堂には

彼の名前がつけられたんです。