「しあわせハンス」 のあらすじ

ドイツのグリム童話では、「わらしべ長者」と正反対の物語? 「しあわせハンス」が

存在しており興味があったので、あらすじを簡単に書いてみました。



働き者のハンスは、7年もの間、出稼ぎに出てせっせっと働きました。

ある日ハンスは故郷の母親のもとに帰りたくなり、

主人から労働の賃金として金の塊をもらいました。


重い金塊を背負い故郷に向けて歩いていると、

馬に乗った人に会いました。その人は快適そうに馬に乗っていたので、

ハンスはうらやましくなり、金の塊と馬を交換してもらいます。

ハンスは馬に乗って進みましたが、馬が早く走りすぎて振り落とされてしまいました。


そこを通りかかった牛をひく人に出会い、馬よりも牛乳やバターやチーズを

出してくれる牛の方がいいと思い、馬と牛を交換します。

途中のどが渇いたので、牛からミルクをしぼろうとしましたが、

牛は年老いているようで、ミルクは一滴も出ません。


そこに、豚を連れているの人を見て、豚ならソーセージが作れるだろうと思い交換をします。


次にガチョウを抱えた男とすれちがい、男はハンスの豚を見て

「それは盗まれた豚のようだ、村人たちが探しにくるかも知れない」と、脅かします。

ハンスは怖くなり、豚とガチョウを交換します。


さらに進むと研ぎ屋の旦那に出会い、「砥石さえあれば、包丁を研いだりして商売ができる。

商売道具さえあれば、お金に困ることはない」と持ちかけ、砥石とガチョウを交換します。

この石は道端に転がっている、ただの石っころで貴重なものではありません。


ハンスはまた歩き出しますが、重い砥石を持って歩くのに疲れ、のどが渇き、

川の水を飲んでんでいたところ、誤って石を川に落としてしまいました。


結局、何もかも失いましたが、あらゆる問題から解放されたことを幸運だと思い、

ハンスは母親が待つ故郷へ帰りました。


「しあわせハンス」から学べる教訓

この物語は、「わらしべ長者」の逆バージョンでしょうか?

「わらしべ長者」では0から富へ

「しあわせハンス」は富から0へ と富の移動が正反対になります。


まず、ハンスは世間知らずであり、世間の荒波に揉まれることになりますが、

金塊を馬に換えてしまうほど、人の所有物や快適さは良く映るもので「ないものねだり」により

最初に馬と交換したことで自分の財産を大幅に減らしました。

金塊⇒馬⇒牛⇒豚⇒ガチョウ⇒砥石と交換する度に価値の少ない物に変わっていき、(わらしべ長者は交換する度に価値のある物に変わる)

自分の所有物を軽んじ、相手の物ばかりを欲しがることは、結果的に損をすることになり、

目の前の欲求に飛びつくことで、これまでの賃金分を失うという結果になりました。


また世の中にはガチョウの男や研ぎ屋の旦那のように、人を騙して横取りするズルい連中が

いることも示唆してるのかも知れません。


ただ最後には世の中のしがらみから解放されて、何にも邪魔されず、

身軽になった自分を幸運と言っています。


現代社会においても、日々のしがらみや煩わしさから解放され、

何もかも投げ出したくなる時があります。

逆になにも持たないことが「しあわせ」と呼ぶことができるのかも知れません。

たいへん考えさせられる童話でもあります。